アリスタフェア


アリスタフェア

デジタルでは表せない新たな商品の表現方法

パシフィコ横浜で行われた、菓子卸流通企業の山星屋様主催の食品メーカー様が集う展示会(アリスタフェア)において、〝JAふらの〟様の展示ブースに商品宣伝用のトリックプリントモジュールを提供させていただきました。
一般的な商品展示をしたり、加工パネルを飾る等ではなく、来展者の目を引く何か変った商品展示の方法を求められ、今回はモジュールを活用しました。
ここ最近の流れで言えばデジタルサイネージの活用も考えられましたが、商品のイメージを伝えるにはアナログの風合いが一番合っているという事でトリックプリントモジュールを採用。
デジタルサイネージのモニターに映し出される商品と違い、モジュール内の切替ライトにより演出が変化するトリックプリントモジュールは温もりを感じさせる事が可能です。
商品の特徴をうまく伝える事が出来た展示方法でした。

「JAふらの」様のブース

沢山の商品が展示されていました

ご提供させていただいたトリックモジュール

各地のJA様と共同開発を行われています

お問い合わせはこちらからどうぞ!

ページTOPへ